投稿日:

橋梁の老朽化を放っておくと怖い二次被害

こんにちは!大阪府豊中市を中心に、全国各地で補修工事や土木工事、アンカー工事などの建設業に携わっている株式会社SETです。
弊社では、地震大国といわれる日本で耐震補強工事を行い、皆様の暮らしを支えております。
川を渡るための橋梁の老朽化は避けられない問題です。
では、橋梁の老朽化を放っておくとどのような二次被害があるのでしょうか。
今回は、橋梁の老朽化を放っておくと怖い二次被害についてご紹介します。

橋梁の倒壊


橋梁の寿命は、約50年から100年といわれています。
雨や風、紫外線に日々晒されている橋梁は、次第に老朽化していきます。
老朽化した橋梁をそのままにしておくと、さびが侵食して橋梁が倒壊する恐れがあるのです。
橋梁はたくさんの人が通るので、倒壊のタイミングによっては大事故になってしまいかねません。
また、倒壊した後もその道は通れなくなるのでとても不便になるでしょう。

定期的なメンテナンスが大切

橋梁の老朽化の対策には定期的なメンテナンスが大切です。
現在使用されている橋梁の多くは、高度経済成長期に建てられているので寿命が近づいています。
さびを防ぐ塗装が剥がれていないか、素材をつなぐボルトが緩んでいないかなど確認を行い、必要であれば補修工事を行います。
橋梁の老朽化は避けて通れません。
重要なのはその老朽化を把握し、対策を行うことです。

地震に強い橋梁とは

橋梁の老朽化にはもう一つ気を付けなければいけない点があります。
それは地震が来ても耐えられるかどうかです。
近年では各地で巨大地震が起きています。
橋梁が地震の衝撃に耐えられなければ、橋梁が崩れ避難や救援に向かえません。
地震に強い橋梁にするためには、耐震補強工事を行う必要があります。
橋梁に補強部材を取り付けて、地震が来ても耐えることのできる橋梁にします。
耐震補強工事を行うことで地震だけではなく、老朽化の倒壊を防ぐことも可能です。

【求人】SETでは新規スタッフを募集中!


現在弊社では新規現場スタッフを募集しております。
経験、未経験は問わず、未経験の方には丁寧に指導しますのでご安心ください。
社員同士の仲が良いアットホームな環境で、一人前の職人を目指しませんか?
また、SETでは充実な福利厚生と資格取得支援などでしっかりサポートいたします。
サポートだけではなく、頑張りをしっかり評価するのでモチベーション高く仕事に打ち込むことが可能です。
耐震補強工事、土木工事などの技術を身に付けたいという皆様からのご応募をお待ちしております。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

株式会社SET
〒561-0843 大阪府豊中市上津島1-3-35
電話:06-6867-3741 FAX:06-6867-3751

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

社長 お誕生日会

社長 お誕生日会

7月末に社長が48歳を迎え、社員一同でお誕生日会を開催致しました(^^) おめでとうございます♪ …

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

株式会社SETでは、新たにホームページを開設しました。 これまで以上に施主さまにご満足いただける施工 …

【求人中】株式会社SETの魅力にせまる!

【求人中】株式会社SETの魅力にせまる!

こんにちは!株式会社SETです。 弊社は大阪府豊中市に拠点を置き、補修工事・土木工事を手がけている建 …