投稿日:

コンクリート構造物の切断や解体で使われる工法とは?

こんにちは!株式会社SETは大阪府豊中市に拠点を置き、尼崎市をはじめとした全国で土木工事をメインに業務を展開する建設業者です。
「コンクリートを切断や解体するときにはどのような工法が使われるの?」
このように思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、弊社がコンクリート構造物を切断・解体する際に用いる工法についてのご紹介をいたします。
ぜひ、最後までご覧ください!

ウォールソー工法


ウォールソー工法とは、コンクリート構造物の切断面に沿って走行レールを設置し、そのレールにウォールソーマシンをはめ込み、ブレードを高速回転させてコンクリートを切断します。
ウォールソー工法は壁面や床面など部分的な切断の際に用いられる工法です。
この工法はブレードカバーに集塵機のホースを接続し、切断しながら粉塵を回収できるので、環境への影響が少ないといわれています。

ワイヤーソー工法

ワイヤーソー工法とは、ダイヤモンドビーズをはめ込んだワイヤーをコンクリート構造物に巻きつけ、ワイヤーを循環回転させることによって内部にある鉄筋ごと切断する工法です。
大規模な構造物を切断する場合にはこのワイヤーソー工法が採用されます。

ハンドクラッシャー工法

油圧シリンダの伸縮動作により、クラッシャーを開閉させ、コンクリート構造物を挟み込み破壊作業を行います。
ハンドクラッシャーは小型で軽量なので、重機が入れない狭い場所での作業や騒音を抑える必要がある現場で多く用いられる工法です。
低騒音・低振動で粉塵の発生も少ないので、周りの環境を損なわずに作業が行えます。

新規スタッフを募集中です!


大阪府豊中市を拠点に、公共施設や橋梁の耐震補強工事・補修工事を手掛ける株式会社SETでは、現在新規スタッフを募集しております。
弊社ではさまざまな土木工事から解体工をまでを一貫して行っておりますので、スキルアップするには打ってつけの環境です。
また、弊社は従業員の方々が働きやすい環境づくりに尽力しています。
待遇面で思いわずらうことなく、全力で仕事に打ち込めるような勤務環境の整備を心掛けておりますので、安心して作業に従事していただけます。
株式会社SETでともにスキルアップを目指しませんか?
弊社求人ご興味をお持ちの方は、採用情報ページよりご応募ください。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

株式会社SET
〒561-0843 大阪府豊中市上津島1-3-35
電話:06-6867-3741 FAX:06-6867-3751

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

【求人】暮らしに欠かせない耐震補強工事に挑戦しませんか?

【求人】暮らしに欠かせない耐震補強工事に…

大阪府豊中市の株式会社SETでは、ただいま新たな現場スタッフを募集しております。 建設業界で求職中の …

和歌山県某橋梁 落橋防止装置設置工事

和歌山県某橋梁 落橋防止装置設置工事

〜施工前〜 〜施工後〜 …

社長 お誕生日会

社長 お誕生日会

7月末に社長が48歳を迎え、社員一同でお誕生日会を開催致しました(^^) おめでとうございます♪ …